ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

「パーフェクトワールド」最終回 ~背負うということ~

ツグミの幼馴染の是枝の願いもあって

鮎川と2人で話す時間を取ることにしたツグミの父

 

公園で互いの心中を話合うが

やはり互いの思いはすれ違う

 

そんな時に持病の発作が発生し倒れこんでしまう父

 

救急への連絡や薬を飲ませる手伝いをするなど

その場でできる限りのことをつくす鮎川

 

www.youtube.com

 

最終回

鮎川(松坂桃李)の適切な対応もあり

一命をとりとめた父であったが容態はかんばしくなく

翌日手術になってしまう

 

翌日手術は無事成功し

意識が回復した父はいつもの調子で家族に話をする

 

後日、心臓の手術だったこともあり

リハビリを行うことになったのだが

差し出された車いすに言葉を失う

 

手術のせいで心肺機能が下がっており

歩行のままならない

 

そんな父をツグミは毎日支えようと試行錯誤する

 

鮎川だからこそ

リハビリ経験のある鮎川はツグミの心配を

助けるように毎日時間を作って話をする

 

アドバイスはもちろんだが

精神的にツグミを支えるのである

 

リハビリを無事終えた父は

これまでの自分やツグミのこと、鮎川のことを考え

後日鮎川の家を訪ねた

 

 背負うこと

自分の代わりに娘を背負ってくれる人と考えていた父であったが

その考えは変わっていないことを鮎川に伝える

 

その上で、背負うということが

精神面で支えてくれる人という見方に変わったことも伝える

 

晴れて結婚

父親の承諾も得ることができ動き始めた2人

 

結婚を前にして子どものことを話す

 

子どもを持ちたいということ

ツグミに負担をかけること

 

これから考えられる未来を話す

 

 

鮎川が父親に伝えた言葉

できないことがわかっている分

 前もって準備することができます

 

「幸せにしたい。

 一日でも長くともに人生を生きていきたい」