ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

「パーフェクトワールド」第4話 ~できないから、わかることもある~

互いの家族に鮎川樹(松坂桃李)と川奈つぐみ(山本美月)が

付き合っていることが伝わり

一方は応援、一方は猛反対という結果だった。

 

また、恋愛でもヘルパーの長沢(中村ゆり)、旧友の是枝洋貴(瀬戸康史)が

絡みはじめ三角関係が2つ出来上がった

 

第4話

互いを思いやるからこそ

「不安」が募っていく2人

 

鮎川は幻肢痛(げんしつう:痛みの錯覚)が出ていたが、つぐみには言えずにいた

 

一方、つぐみは介護セミナー(初任者研修)を

仕事の後に勉強をしていることを内緒にしていた

 

隠し事から

鮎川は足の痛みを長沢に

つぐみはセミナーのことを洋貴に

それぞれ支えて貰っていた

 

そのことにより、長沢と洋貴の思いに拍車がかかっていく

 

幻肢痛のことを長沢から聞かされて落ち込むつぐみ

 

できないこともあるから、わかることもある

樹の同僚の晴人(車イスバスケに誘ってくれた人物)が

突然建築士の試験を受けないと言い出す

 

晴人は最近プライベートや周りに見えないところで

「障碍」の壁・困難と直面していた

 

そんな晴人に樹は言う

「障碍者でよかったと思ったことは一度もない。

 できることなら障碍なんてない人生を送りたかった。

 

 健常者へのコンプレックスは一生つきまとう。

 

 俺たちだからできることもある。

 

 誰かの役にたってると思えることで腐らずに生きていける」

 

 

事故

樹を支えられてないと、さらにヘルパーの勉強をがんばるつぐみだったが

オーバーワークがついに体が悲鳴をあげた

 

これまで立ち眩みを起こしていたが、

それが駅のホームで起こって、線路に落ちてしまう

 

一緒にいた樹は手を伸ばすが、あと少し届かず…

www.youtube.com

次回

転落からいよいよ2人の周りが落ち着ていられずに

2人へ介入し始める

 

 

パーフェクトログ「建築士」

www.youtube.com