ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

「きのう何食べた?」第3話~家族のカタチに悩む~

第3話になり主人公2人の「家族」のカタチに

迫る回になりました。

 

相変わらずシロちゃん(西島秀俊)の料理姿は秀逸です

今回はキャベツのすばらしく慣れた手つきで刻んでいます

 

手抜き料理と称して夕飯レシピの解説もしっかりあります

www.youtube.com

 

今回は家族について悩む2人の話です

シロちゃんは実家に顔を出して両親と食卓を囲む

 

母親は息子をとにかく理解したい

父親は息子のセクシャリティーを受け入れらずにいる

 

そんな3者3用の考えが交錯します

 

波乱の予感の予感

前回登場した主婦友のお家で友達を紹介される

キャベツを3玉シェアするために主婦友宅を訪れたシロちゃん

 

そこで帰宅した旦那に突然知り合いのゲイ友達を

「ゲイ同志」という理由で紹介される

 

困惑するシロちゃん

 

紹介されたその人も彼氏と同棲中で

初トークが「のろけ」話をされる

 

今話ではここまでの登場だが次回以降の波乱の男になるのだろう

 とある休日

仕事の依頼主と時間外の仕事をしたシロちゃん

別れた息子に一目会いたい母に1日付き添い色々思うことがあったようで

その日帰ってケンジ(内野聖陽)と話すことを決める

 

その日の前日、2人で夕飯を食べていると実家からの電話が。

 

内容は父親に食道がん(ステージ2)が見つかり

手術の日程が決まったとの内容

 

心配そうに「俺にできることはない?」と

いつになく真剣に聞くケンジに

「今ない」と変に気を使ってしまっていた

 

話そうと決めた夜、夕飯の準備をしながら

シロちゃんがケンジに話しかける

 

「昨日の話なんだけど」

「聞いてもらえるだけでいいから」

と思いを伝える

 

家族のカタチがまた一つできた瞬間である

 

次回

父親の手術にシロちゃんはどうするのか。

ケンジはどうシロちゃんを支えるのか。