ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

春ドラマ「パーフェクトワールド」第1話~パーフェクトな人なんていない、だから~

漫画原作、昨年映画もされた

「パーフェクトワールド」がTVドラマで登場。

 

主演を松坂桃李さん、相手に山本美月さんをむかえ

身体不自由な青年が向き合う人生を描いている

 

www.ktv.jp

 ストーリー

高校の同級生だったスポーツ万能の持て男・鮎川(松坂)と

そのクラスメイトで彼に片思いだった川奈(山本)が

東京で偶然再会することからスタートする

 第一話

ばったり出会った昔好きだった彼は将来の夢をかなえてすごい対象だった

 

少しばかりの挨拶と名刺交換後、その場を後にする鮎川に

「?」が抜けない川奈。

 

足を手で持ち上げ、腰を滑らし車いすに腰かけた鮎川は

いつものように帰っていく

 

その後居合わせた彼の同僚から

「大学の時に事故で脊髄を損傷した」こと知る

 

その後もどう接したらよいかわからず

妙な緊張感がどことなく常に流れてしまう

 

一度二人で美術館へ行くことになり

行ってみたものの「バリアフリー」がない建物で受付にて断念してしまう。

 

鮎川には慣れたものだったようだが、川奈には初めてで受け止めきれない

そのあと夕食を一緒にとり彼のことを少し話してもらう

 

とても明るく気を使わないでっという雰囲気で終始すごそうとするが

川奈はしっかり理解したい、気づ付けたくないとどうしても緊張感と

罪悪感にも何が抜けないように見えた

 

鮎川の仕事に大きなチャンスがやってくる

1級建築士の鮎川は新たに自分のデザインを入れたコンペに参加することになり

ここぞとばかりに張り切っている

 

そんな鮎川の姿をみて川奈も触発されはじめる

 

そしていよいよコンペまじかの週末。

鮎川が緊急入院したと会社ではどうしようと混乱状態

 

いてもたってもいれずに川奈は病院に向かう

そこで彼の上司から現状を聞く

 

鮎川の状態としては一定時間同じ姿勢でいたため

腰に血がたまってしまったようで、外科的処置を施してもらっていた

 

状態はこれ以外にも炎症等で入院することになる

 

緊急入院

しばらくして意識が回復して

さもあたりまえに動きだし車いすにのり会社に戻ると言い出した

 

側で看病していた川奈は今は身体が大事だととめるが

頑としていうことを聞かない

 

迷惑かけたくないんだよ!

 障碍者だからしょうがないねって同情されて生きたくない

 そんな風に同情されて生きるのはもう嫌なんだよ

 

この訴えに「わかった」と病室でコンペに出す絵を描くことで妥協する

 

身体の調子が悪いなかでも、なんとか仕上げようと必死で書く鮎川を

献身的に看病する川奈。

 

それでも最後の仕上げが間に合わない!

 

「次がんばれば!」という川奈の静止に

 

「次なんかないよ!」と強く訴える鮎川

 

「いつ死ぬかもわからないのに...

 俺には今しかない、今やらないとダメなんだよ!」

 

私がやる!と最後の着色をすると申し出る

 

鮎川の指示のもと川奈が最後の仕上げをやることに。

 コンペ終了

無事鮎川の絵は間に合いコンペは通過。

退院後に打ち合わせが始まると嬉しそうにお礼を伝える鮎川

 

そして2人で乾杯をしようと缶ジュースをあけるが

炭酸が勢いよく吹き出しベットをぬらす

 

急接近する2人の顔。

キスする直前、鮎川は顔を話してしまう...

 

鮎川は事故後、もう恋愛はしないと決めていたのだ。

www.youtube.com

次回

旧友の誘いでバスケットコートに!?

川奈は鮎川を受け入れる気持ちができるが、鮎川の答えは。。。