ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

春ドラマ「向かいのバズる家族」第2話~ネットの怖さが少し顔を出し始める~

ひょんなことから「バズる」を経験してしまったヒロイン

www.ytv.co.jp

第2話は前回なぞであったヒロインの家族の顔が

ちらちらと見えてきて

さらに少しネットの闇が顔を出す回となりました

 第2話のストーリーは

 

第1話で「バズった」影響を引きずりつつヒロインの勤めるお店は繁盛。

しかし、並んでいる客層が少し変わっているところから話がスタート

 

その理由はどうやら「イケメン俳優」が押したイイネが理由のよう

 

店内にはイケメン俳優のファンがちらほら

会計時にはファンからなぞの苦言を言われる状況に。

 

マイナス面が顔を出し始める

少しバズの違う影響を受け始める

 

その後、バズの原因となったお客さん(おじさん)が来店

突然店内で土下座をして謝罪!

 

店の外にそのお客さんに話を事情を聞くと

バズったことが会社や周りにバレて会社を辞めることになったとのこと

 

その状況を聞いて、自分が悪いわけではないが罪悪感を抱いてしまうヒロイン

 

落ち込んでいる時に

母がクッキング動画をアップしていることを唐突に知ってしまう

 

混乱し、母へ物申すという流れの回でした

 

SNSでのプラスの影響ばかりが目立った1話から

マイナスの面を少しずつ痛感するところが描かれていました

 

母VS娘

と後半はなるのですが、

SNSの良い面しかしらない母 VS SNSの怖さを知り始めている娘

という構図ができており

これは自分の身の回りに置き換えることができ一種の警鐘やもしれません

 

そして、この2人以外の弟と父の顔も少しずつ見え始めました

 

口には出さないが家族のSNSでの顔を知る弟

家族が悪く言われている書き込みには匿名で擁護のリプをしているが

本心、意図はまだわかりません

 

仕事で作ったドラマがネットで大炎上中の父親

ネットの誹謗中傷が怖くて見ることができず

炎上してもどうしていいかわからず頭を抱えるばかり

 

まとめ

もう少し話が進むと自分が誰に共感できるかわかりそうです

 

そこからネットSNSへの「自分」のどの価値観・知識が危険・不足しているか

わかるかもしれませんね

 

www.aruaru-play.com