ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

春ドラマ「きのう何食べた?」第1話~人生の喜びは、ほころびから生まれたりするもの~

2018年の「おっさんずラブ」の大ヒットは記憶に新しい

 

昨今のLGBTへの理解が顕著に表れた一つの形でしょう

2019年春、LGBTを扱ったドラマが話題を呼んでいる

 

テレビ東京系列放送の漫画原作の

「きのう何食べた?」は制作発表時から話題である

 

W主演・西島秀俊、内野聖陽のゲイカップルの日常を描いたドラマである

www.youtube.com

この第1話はごく普通のカップルの恋の話であり

LGBTの人が抱える悩みの一部を知ることのできる回でした

ストーリー

弁護士で料理上手なシロちゃん(西島秀俊)と

物腰の柔らかい美容師ケンジの2LDK男2人暮らし

 

シロちゃんは口には出さないが

恋人のケンジのことを考え節約と料理をする毎日。

 

一方ケンジは口に出してシロちゃんへの愛情を表現する性格で

その愛情は行動や表情からもはっきり伝わる

 

そんな2人をとても美味しそうで

愛情のこもった料理が食卓に並ぶ

1話目では

職場でLGBTを公表している美容師ケンジが

お客さんに自分の彼氏の話をしてしまったことで

2人がケンカしてしまうエピソード

 

彼氏自慢をしたお客さんにばったり街中で出会ったケンジ

その時たまたま一緒にいたシロちゃんは思わぬ

「アウティング」にあってしまう

 

「こちらが彼氏さん?」

 

思わず固まるシロちゃんに

やってしまった顔のケンジ

 

その後、2人は自宅に帰り

案の定のケンカ

 

大好きな家族の話をしたかったケンジ

ゲイだと知られたくなかったシロちゃん

 

問題の解決は難しいけど

出ていけとまで言ってしまったシロちゃんは

明日休みだからとケンジの好きなニンニク入りの料理を振る舞う

 

その不器用な様にまた恋をするケンジ

 

まとめ

30分枠の短いドラマで取り上げ方の難しいテーマを

しっかりと「ほっこり」でも「つらい」ところにも

ふたをせず描かれていました

 

まだ1話目ということで描ききれていない

「理解したい親」

「世間体」

「将来(老後)」など

今後どう描かれるか注目である