ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

映画(DVD)を音声ガイドで聞くと勉強になる!?

f:id:aruaru-ed-play:20190310185916j:plain

皆さんは映画(DVD)の視聴はどうされてますか。

 

最近のDVDには

日本語か英語(他の言語)かの選択以外にも

「目の不自由な方向け」の音声ガイド

付けられてるケースが増えてきたのは

ご存知でしょうか?

 

これはDVDにもよりますが

音声のところで切り替えできたり

もともと設定されていたり

(不必要な場合は切る)といった形です

 

この音声ガイドなんですが

視覚が不自由な方はもちろんなんですが

そうでない方でも利用することを

おすすめします

 

おすすめ理由1

映画の内容がとても細かく理解できる

 

俳優さんたちのセリフ以外に

ナレーションに近い形で

映像の状況が伝えられます

 

この場面は「一人暮らしの部屋」

この場面は「人の気配が全くしない場所」

この場面は「俳優が困っている(表情)」

この場面は「緊張しながら手をつないでいる」

など

 

物語の解釈をとても助けてくれます

 

もちろん、セリフ以外の音声なので

「聞く」という作業は忙しくなります

 

おすすめ理由2

目が不自由な人に何かを伝える時

どこまで、どんな風に伝えるのが良いか

学べる

 

もしくは過去の体験や経験を

他の人に伝える際に

相手に正確に伝えるには

どんなことに気をつけるべきか学べます

 

まとめ

普段使うこのない音声ガイドですが

別の見方・視点を持つという意味で使ってみるのも良い

かと思います