ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

「SNSの使い方」は?

良い意味でも、悪い意味でもライトになったSNS

TwitterやInstagramなど。

 

もしあなたに子どもがいて、

その子どもに「スマホ(携帯)」を持たせることになったら

何を注意して渡しますか

 

「ゲームのし過ぎは厳禁」

「動画の見過ぎは厳禁」

「通信料の使い過ぎは厳禁」

「夜遅くの使用は控えるように」

などなど

 

これらは僕がよく耳にした家庭のルールだ

 

SNSの禁止や、使用に関するルールは聞いたことがない

 

もちろんSNSのルールを決めている家庭もあるだろう

 

学校や教育現場でのスマホの取り扱いに関するルールは

今の時代どこにでもある

 

しかし、SNSに関するルールを徹底しているところは少ない

 

なぜだろうか。

理由を考えてみた。

 

・SNSの危険が他人事

・社会的ルールやモラルの指導が家庭なのか、学校や会社(バイト先)なのかがあいまい

 

1つ目は、SNSを一つのエンタメとして感じているのではないか。

主体的に見れば、疑似アイドルのように注目を浴びる感覚が得られる

客観的に関われば、映画やドラマなど自分の世界と違うエンタメ

 

2つ目は近年拍車のかかっている問題。

所得格差との関連もある問題である。

ある家庭ではしつけや教育は家庭でやるもの

ある家庭ではしつけや教育は家庭「外」で行ってもらうもの

 

このしつけ・教育問題は学校現場や民間の教育現場でたびたび頭を悩ませている

 

個別指導でもない限り、複数の子どもが一斉に学ぶ

学ぶ中でそれぞれの家庭(文化)が入り混じる

 

言わんとすることが伝わったと思います

ある家庭とある家庭の板挟みの現場が、教育現場

 

そんなこんなで結局何年もSNSの使い方をどこが教えるのか

ふわっとしたまま今に至る

 

「SNSの使い方」は誰が教えるもの?

そもそもの「モラルや意識」は誰が教えるもの?