ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

「切り取ること」と「要点をまとめること」は違う

最近の記事でも書いたが「情報の切り取り」が非常に多くなってる。

これはTwitterをはじめとしたSNSの普及だけでなく

スマホなどの所持により情報過多の状態が起こっているからだろう。

 

SNSをやっていなくて、ラインやWebニュースなどは簡単に見ることができ

かなりリアルタイムに近い情報が飛び交っている。

 

そんな早出し合戦の影響で情報が一部しかない、誤解を招くようなものが最近目立つような気がします。

 

またTwitterYouTubeなどで動画再生が近年はごくごく一般的になってきて、

投稿者もメディア関係以外の一市民が投稿しているものも多数ある。

 

そんな情報過多な状態で一つの情報にかける時間はとても少ない。

気に留めるということが自体ハードルが高くなっている。

 

そこで注意したいのは多くの情報、自分の目に入るものが

「要点をまとめられたものか」

「切り取れた一部ものなのか」

を間違えず判断することだ。

 

人間は最初に信じた情報から

違う情報を得て、信じていたもの変えるというのは

非常に苦手な生き物である。

 

だからこそ、最初の情報が「一部なのか」「要点」なのかは

しっかり判断が必要だ。