ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

「障がい」が「障碍」と表記されるかも?!

兵庫県宝塚市が公文書における「身体障害」「身体障がい」の表記から「身体障碍」に変更する方針というニュースがあったのはご存知でしょうか。(この記事を書いている段階では最終決定ではないとされている。

 

 「害」の字をひらがな表記で「障がい」として文書を書く人も結構いるのではないだろうか。害という言葉がどうしてもマイナスイメージを持ちやすいところを配慮してこう書くらしいです。

 

昔の日本では「身体障礙」という漢字を使っていてらしいが、

「碍」が常用漢字ではないので「害」が用いられるようになった。

 

現在も「碍」の字は常用漢字ではないが、この字を公文書で使用するというのが今回のニュースになった点である。

 

配慮するという点においてとても良いことだが,

このことがニュースになるというのも世知辛い。

 

当たり前に配慮をし、

当たり前に良いことはさらっと変えていける

そんな時代はもう来てもいいんじゃないだろうか。