ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

新しいインフルエンザの治療薬「ゾフルーザ」に、早くも耐性をもった変異ウィルスが検出された

2018年3月に保険適用となったばかりの錠剤タイプのインフルエンザの処方薬「ゾフルーザ」。1年もせずに耐性をもった変異ウィルスが検出されてしまった。

 

ゾフルーザといえば、

1回使用するだけで治療が完結

という素晴らしいことでご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

今までの抗インフルエンザ薬のタミフル・リレンザ・イナビルは、細胞に感染したウイルスが細胞外に出るために必要な酵素の働きを邪魔することでインフルエンザの増殖を抑える薬です。→周りの細胞に感染が広がっていくのを防ぎます


ゾフルーザ錠は、インフルエンザウイルスが体内で増えるために持っている酵素の働きを邪魔することで、インフルエンザウイルスの増殖をおさえることができます。細胞内でのウイルスそのものが増えないようにする

 

 

 

そして、この薬の重宝される点は

ゾフルーザの方が、ウイルスを早く体から消えるらしいです。その分、他人に移してしまうことが減るのではないかと言われてます。

 

家族、学校、職場でのウイルスの広がりを抑えられる可能性があるのはありがたいですね。

 

しかし、今回耐性を持つウィルスが検出されたとのことで驚いた方が多かったのではないでしょうか。

ただこのゾフルーザは臨床試験段階から従来のインフルエンザ治療薬より耐性ウィルスが生まれやすいと指摘されていたとのことで、想定はされていたようです。

 

薬の種類が増えたとはいえ、そもそもインフルエンザにかからないように日頃から注意は必要ですね。

 

あ、この薬は予防には使えないそうです。