ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

2019年センター英語に出たイラストについて

2019年センター試験の英語リスニングで話題となったイラストはご存知でしょうか?

Twitter等のSNSでたくさん拡散されていて見た方も多かったでしょう。

 

この謎のイラストについて問題の作成を行った「独立行政法人大学入試センターの試験・研究統括官」の問答がニュースにあったので少しご紹介します。

 

 

 

f:id:aruaru-ed-play:20190124014454j:plain

(以下2019年1月22日 FNN PRIME online より引用)

イラストを含め、扱う題材は取り組みやすさ等を考慮
――この第1問の出題意図は?
本問題を含む第1問は、比較的平易な英語を聞いて、必要な情報を正しく把握することができるかを問う問題です。
イラストを含め、扱う題材については、受験者の取り組みやすさ等も考慮しながら、問題の趣旨を適切に踏まえたものとなるよう問題作成部会において検討を重ねた結果であり、今回の出題も同様と考えています。

――どのような点を意識して、図柄を決定した?
イラストの作成については、問題作成に関わることですので回答は控えさせていただきます。

――ネット上で話題になっていることについてどう思う?
今回の反響は、キャラクターに対する親しみやセンター試験への関心の高さが影響しているのではないかと考えております。

 

 

ふむふむ。なるほど。

まずはこの手の質問について入試センターが回答したことに驚きました。

試験問題の多くは出題ミスや誤字脱字などといった不備があった場合を除きこのような回答はしないと思っていました。

 

赤本や大学発行の過去問等でしばらく後に、出題傾向などとともに意図が開示されるケースは多いですが。

それほどまでに(直接の)反響が大きかったのか、いわゆる時代の流れでこういったところもオープンになってきたのか。

 

ちなみに、当該のリスニング内容は以下の通りです。

全くもって英語事態に大きなひねりや引っ掛けの要素はなかったようです。

 

【問1のリスニング内容】
男性: We need an idea for a new cartoon character.
女性: I agree.How about a vegetable?
男性: That sounds OK. But,for a stronger impact,give it wings to fly.
女性: Good idea.

 

ということで正解は②でした。