ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

「3年A組‐今から皆さんは、人質です」第9話 最終回に向けての盛り上げ回だけじゃない?

www.ntv.co.jp

「3年A組‐今から皆さんは、人質です」

第9話が放送されました。

 

今回も気になるところを

ピックアップしていこうと思います

ストーリーは一見

全体を通して最終回のための

盛り上げ回のように見えます

 

かく言う僕も作業しながら

見てしまったのでそういう印象でした

 

あれ?こんなにサラッとしてたっけ?

と思い再視聴

 

やっぱり要所要所に

なるほどと思うやりとりがありました

 

ドラマの場面(絵)が教室メインなので

ながら見だといけないですね

 

今回のポイントは主人公(菅田将暉)以外の

登場人物が主人公の代弁のような言葉を発するところ

 

「これで何かの一石を投じられたのであれば

 それは意味のあることだと思う」

「世界を敵に回してでも正義のために戦うのが

 ガルムフェニックス(ヒーロー)だから」

 

これまでの回では主人公

が熱く訴えかけていたが

9話では冷静に落ちつた口調で

訴えるところである

 

これは主人公も同様で

これまでより落ち着いて

生徒に伝えている

 

「真相を明らかにするためには

俺が最終的に全国民の敵になる必要がある」

 

そしてドラマを全編通じて

ここに向けて作ってきたような語り(授業)へ

 

「想像力を掻き立ててよく聞いてほしい」

 

「ナイフを刺せば血が出る

    痛みもともなう

    場合によっては命も奪える

 

    でも今の社会は

    こんな当たり前のことに

    気が付く暇もないくらいに

    せわしく回り続けてる

 

    相手に何をしたら傷つくのか

    何をしたら痛むのか」

 

最終回へ向けて

私が殺したと自白する生徒

銃で打たれる主人公

 

さてどう結ぶのか

気になるところです

臓器提供する為に生まれる命、簡単に喜べない科学の進化

f:id:aruaru-ed-play:20190305181943p:plain


Image by GDJ on Pixabay

3/4朝日新聞が衝撃的なニュースをサラッと報道した

「ヒトの膵臓を持つ子どものブタを作れる」

ようになったのだ

 

どうやら現段階では

まだ「作れる」ところまで

至ってないようだが

将来的にこの方法で作った臓器を取り出し

治療目的でのヒトへの移植も

検討されているという

 

一見してとても良いことのように見える

 

いや、良いことだ

世界で臓器移植によって助かる命は多い

 

そういった人たちが

この科学によって生み出された臓器により

治療できるのだから

 

ただ

ただ...だ

 

「ヒトと動物の外見が混じった個体が

生まれる可能性は、極めて低いとされる」

と書かれていたのを見て

ぞっとしてしまった

 

僕個人はブタの命も人の命も尊いと思っている

その上で、ブタを生きるために食べること同様

ブタから臓器を移植することも

生きる上で必要だから

この研究は重要だと思う

 

しかし、だ

 

「ヒトと動物の外見が混じった個体が
生まれる可能性は、極めて低いとされる」

ということは

ヒトと動物の外見が混じった個体が

生まれる「可能性がある」ということ

 

万一、その生命が誕生した場合どうするのだろうか

 

ヒトの要素が強く感じられる生命が生まれても

やはり臓器提供のための生命になるのだろうか

 

あなたならどうしますか


iPhoneユーザーに朗報!サポートの幅が広がる!サポートが受けれなくなった人も受けれるように?!

f:id:aruaru-ed-play:20190305003253j:plain

iPhoneユーザーに朗報

 

Appleは2019年2月28日から

他社製修理部品使用による有償修理サポート対象

iPhoneバッテリー」を含める方針に変更した

 

つまり、これまで他社製バッテリーによる交換を

Apple「非正規」修理店業者で行い

その後、Appleの修理サポートが受けられない事態が

回避できるということ

 

ただし、iPhoneは他社製のディスプレイ

およびバッテリーを使用していたとしても

バッテリーの欠損及び損傷などがなく

「安全である」と判断された場合

有償修理が受けられるので

何でもOKというわけではない

 

 

また、AppleCare+は「Apple純正コンポーネント」

の修理のみ対象となり他社製部品には

適用されないので注意が必要となる

 

しかし、他社製部品をApple純正部品に交換することで

AppleCare+保証の対象製品となる

少し不思議な制度である

 

これにより一度非正規業者でiPhoneを修理して

Appleの保証外になって困っていた人たちが

救済されたことになる

f:id:aruaru-ed-play:20190305003317j:plain

いまだApple製品の修理は時間と場所が

制限されているが、

この緩和ともいえる措置の恩恵は

大きいと言えるだろう

【3/4㈪スタート】楽天スーパーセール「必要なもの買ってポイント稼ぎましょ」

今日はこのブログでは初のジャンル

「お買い得」をご紹介

 

f:id:aruaru-ed-play:20190304152437p:plain

はい「楽天スーパーセール」ございます

 

TVCMをはじめとしてよく聞きなじんだ言葉ですよね

 

年4回あるようで

日用品や季節ごとに必要なものを揃えるには

もってこいですね

  

楽天って商品が山のようにあって

大変ですよね...

しかも同じ商品でも販売元が異なるなんてことも...

 

しかし、今回は

「買い回り」という複数ショップを買いまわることで

でポイントアップなるものがあり

条件さえ押さえていればかなり良いシステム

 

ポイントの利用が株に?!

楽天ポイントで投資信託(株購入)が

できるって知ってました?

僕はつい最近知りましたw

 

まさかポイントが株に変わる日が来るなんて

 

僕はポイントを貯めるのが結構好きで

かなり貯めちゃって使うタイミングを

逃しまくってたのですが

このサービスを見て「これなら面白い」と

思いやってみようと思ってます

 

ポイントもお金も

年々、日に日に価値が下がっている

(≒物価高騰)ので

持ち続けるだけはそんなので

社会勉強の費用にしてみようと思います

 

ということで僕が今回買うものをご紹介して終わります

花粉対策しなきゃ(メガネ用マスク必須)


 

レンタル解禁 映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」は常にハラハラ

2月末よりレンタル解禁した

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」(タイ王国)

を見ました

maxam.jp

ストーリーの概要は

秀才の2人がお金と引き換えに

「カンニング」をさせるという

ありそうでなかったジャンルの話

 

ドラマなどでは「1シーン」の

スパイスとしてカンニングの場面を

取り入れてることは何度も見てきたが

ここまで壮大にピックアップしたものは

珍しい

 

秀才の2人は世にいう真面目性格

通う学校は学費が高く、奨学金頼みの学生で

周りよりは苦労しているように描かれている

 

今回の題材「カンニング」は

学校の定期テストから始まり、

徐々に規模が大きくなり

挙句には国際試験にまで発展!

 

全てのカンニングが成功するのかどうか!?

どれも失敗に終わるのか?

youtu.be

他の映画より総緊張時間はかなり長いです

 

ただただ単純にハラハラで面白い映画でした

 

残るものがあるかどうかは見る人次第

 

若者の心にある「欲」と「倫理」の葛藤!

 

欲に負けのが悪いのか?

 

 

最後に感情移入していた人物は誰になるか

そこがこの映画を見て楽しむポイントかもしれません☆

Youtubeが未成年者が出る動画のコメント機能無効に

Youtubeは2月28日に

児童や年長の未成年者が

登場する動画のコメント機能を

無効にするとの方針を明らかにした

f:id:aruaru-ed-play:20190302153822j:plain

この件は幼い子どもが登場する

一見無害な動画のコメント欄に

児童ポルノに関するコメントやリンクが

付けられていることへの対応とみられる

 

Youtubeは

「われわれが今日共有している

大事な措置は幼い子どもたちの安全を

保つために重要だ」

としている

 

現代、Youtubeを動画共有の一つ、

また会社や団体の活動様子を伝える手段

として利用している

 

間口が広く、アクセスが容易なYoutubeにおいて

「安全の担保」はとても難しく、

同時にとても大切なことである

 

Googleによると

少数の動画制作者に限って

コメント機能の継続利用が認められる。

しかし、コメント欄を注意して抑制させること

が求められる。

 

投稿が気軽な分、管理が軽微にならないように

注意が必要となる

 

一方でYoutubeの広告収益を得ていて

未成年が出ている動画

「児童の就労問題」にも切り込んでいける可能性がある

 

今後の規約の変更・追加に注目したい