ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

「きのう何食べた?」最終回 ~お前が幸せを感じるなら~

お正月。

一緒にシロさん(西島秀俊)の実家へ行くことになったケンジ(内野聖陽)

 

緊張の面持ちで玄関を開ける

 

シロさん両親も緊張した様子で

なんともぎこちない正月の、初対面の挨拶をかわす

 

www.youtube.com

 

 

最終回

最初の挨拶を終え、シロは母と台所へ

ケンジは父と残され、とても気まずい空気に...

 

弁護士になった理由

高校の頃のアルバムでも見ませんか?

 

父の誘いで高校の頃のアルバムを一緒に眺める

そこでケンジがなぜ美容師になったのか

シロさんがなぜ弁護士になったのかを想像して話をする

 

孫の顔を見せれない自分は、どうすれば親孝行になるのか

 

そして父は「気になっていた」ことをケンジに尋ねた

 

何とも言えない不安

以前、揚げ物が苦手だと

言っていたシロさんにコツを伝授する

 

美味しい食卓に満足のケンジ

 

その様子を見て両親は家族会議へ

 

しばらくして戻ってきた2人は

なぜか緊張がほぐれており

にこやかな団らんになった

 

実は家族会議で父がケンジへした

「気になっていたこと」の話を

母にも伝えたのだ

知らないから不安

帰り道、なんだかとても充足した様子の2人

 

シロさんはケンジが両親と

仲良く過ごしてくれたことが嬉しかったようである

 

しかし、一つ疑問があった

 

なぜ両親は途中からあんなに和やかになったのか

 

そのことをケンジに告げると

 

ケンジは

「お父さんずっと聞きたいことがあったみたいよ」

と答えた

 

現れたケンジが男の恰好をしていたので

シロさんが家で女性の恰好をしているのではないかと

思っていたようである

 

シロさんの両親はとても積極的に

息子のことを受け入れようと努力しているが

どうしても理解の及ばないところが出てしまう

 

頭の固い両親だと一蹴するが

ケンジは全く気にしていない

それどころか幸せにあふれている

 

恋人の両親とこんな風になれるなんて…

男同士では諦めていたはずのことが

叶ったことがとにかく嬉しかった

 

カフェデート

街中のおしゃれなカフェで過ごしたいケンジに

付き合うことになったシロさん

 

カフェには女性グループばかり。

そんなことにふと気づいたケンジは

また罪悪感が出してしまう

 

しかし、シロさんは

「いい加減もういいかなと思って」と

少し晴れや顔でケンジに話しかける

 

自宅に帰って…

シロさんの髪を切ってあげるケンジ

 

「お前が幸せ感じるなら、

 これからはカフェぐらい何度もで付き合うよ」

 

全話を通じての「まとめ」

シロさんは相変わらずのツンツン

ケンジはいつもデレデレ

 

そんな変わらないような2人だが

少しずつ着実に何かが前進していた

 

どちらか一方の幸せを願って自分を抑えるだけではなく

お互いを尊重し、相手の幸せを願いつつも、2人の幸せを感じれるように

ゆっくり変化していく様が見えた

 

ドラマ放送は3カ月だったが、ストーリーの時間軸は

1年以上の長い時間のことが描かれていた

 

今期もLGBT関連の作品がいくつかあったが

LGBTとしての難題も楽観的に描くのではなく、

1つの「家族」のあり方が描かれた話でした

 

10年前にこの作品を見ていたら、

10年後にこの作品を見ていたら、

 

今の家族を描いた3カ月でした。

「パーフェクトワールド」最終回 ~背負うということ~

ツグミの幼馴染の是枝の願いもあって

鮎川と2人で話す時間を取ることにしたツグミの父

 

公園で互いの心中を話合うが

やはり互いの思いはすれ違う

 

そんな時に持病の発作が発生し倒れこんでしまう父

 

救急への連絡や薬を飲ませる手伝いをするなど

その場でできる限りのことをつくす鮎川

 

www.youtube.com

 

最終回

鮎川(松坂桃李)の適切な対応もあり

一命をとりとめた父であったが容態はかんばしくなく

翌日手術になってしまう

 

翌日手術は無事成功し

意識が回復した父はいつもの調子で家族に話をする

 

後日、心臓の手術だったこともあり

リハビリを行うことになったのだが

差し出された車いすに言葉を失う

 

手術のせいで心肺機能が下がっており

歩行のままならない

 

そんな父をツグミは毎日支えようと試行錯誤する

 

鮎川だからこそ

リハビリ経験のある鮎川はツグミの心配を

助けるように毎日時間を作って話をする

 

アドバイスはもちろんだが

精神的にツグミを支えるのである

 

リハビリを無事終えた父は

これまでの自分やツグミのこと、鮎川のことを考え

後日鮎川の家を訪ねた

 

 背負うこと

自分の代わりに娘を背負ってくれる人と考えていた父であったが

その考えは変わっていないことを鮎川に伝える

 

その上で、背負うということが

精神面で支えてくれる人という見方に変わったことも伝える

 

晴れて結婚

父親の承諾も得ることができ動き始めた2人

 

結婚を前にして子どものことを話す

 

子どもを持ちたいということ

ツグミに負担をかけること

 

これから考えられる未来を話す

 

 

鮎川が父親に伝えた言葉

できないことがわかっている分

 前もって準備することができます

 

「幸せにしたい。

 一日でも長くともに人生を生きていきたい」

 

「パーフェクトワールド」第9話 ~自分にできること、できないこと~

※最終回 6月25日(火)まで5話以降を毎日振り返ります

 

地震の事故によって再び接近した2人

 

後悔しないために

互いのもとへ向かった

 

www.youtube.com

 第9話

もう一度やり直してほしい

鮎川(松坂桃李)からの告白に

やり直す決心をしたツグミ(山本美月)

 

幼馴染の是枝と婚約をしていたツグミは

行動を起こす

 

是枝との婚約破棄

 

別れる前以上に周りの反対を受ける

 

しかしそれ以上に障がいを持つ人と

付き合うことを考え、以前とは違う形で努力をする

 

自分にできること、できないこと

仕事で出張することになった鮎川

 

以前のツグミであれば

同行すると言っていたところだが

今回はヘルパーの長沢に同行依頼をする

 

自分にできること、できないことを考え

障がい者のパートナーの生きることを実行し始める

 

以前より強い家族の反対

婚約破棄ということも重なり

以前よりも父親の反対が強くなる

 

しかし今回は時間ができるごとに

鮎川とともに父親との挨拶に出向く

 

何度も何度も会って話をすることすら拒まれる

 

そして何度目かの訪問で

鮎川と2人(父親)で話すことに

「パーフェクトワールド」第8話 ~後悔しないように~

※最終回 6月25日(火)まで5話以降を毎日振り返ります

 

建設中の内検を一人で行っていたさなか

地震が起こってしまい

資材の下敷きになってしまった鮎川(松坂桃李)

 

www.youtube.com

 第8話

地震直後、鮎川に連絡をするツグミ(山本美月)だったが

一向に繋がらない

 

不安になりあちこち探し周るが

どこにいるのかの手がかりすらない状況

 

もしかしたら内検に行ったのでは?

そう思ったツグミは事務所に立ち寄り聞いてみると

どうやら昨日鮎川一人で鍵を借りに来ていたとのこと

 

嫌な予感を持ちながら内検の建物に

なんとかたどり着くと

そこには資材の下敷きになった鮎川がいた

 

2人の時間

なんとか助けだすことができ

少しの間2人の時間が流れる

 

この窮地に互いになにを思ったのか

 

落ち着きを取り戻し

2人の関係をつないでいた仕事(前回までに登場した夫婦)が

ひと段落を迎える

 

伝えに行く

紆余曲折あったが

結果、2人(妻が病気)が選んだ

家を建て、一緒に暮らしていくという選択をみて

それぞれに思う

 

後悔しないように

 

ツグミは鮎川のもとへ

鮎川はツグミのもとへ向かうのであった

「パーフェクトワールド」第7話 ~犠牲にしない~

※最終回 6月25日(火)まで5話以降を毎日振り返ります

 

病気(障がい)を抱える妻と、

それを支える夫

 

そんな2人を見て、ある決心をしたツグミ(山本美月)は

東京の鮎川(松坂桃李)の元を訪ねた

 

www.youtube.com

 

 第7話(6月4日放送分)

前話で出会った夫(妻が病気)の依頼で

家の設計を行うことになった鮎川

 

自分のこととも重なり一度依頼を断っていたが

ツグミと話すことで前向きに話を進めることにした

 

夫の夢を奪う 

依頼者の夫婦に会うことになった鮎川だが

いざ当日になり妻が家を建てることに反対をしだす

 

理由は家の設計費用は

夫の夢である「自分の店」の資金であること

 

それを聞いた鮎川は一晩考え

2人の為の家の設計案を提示する

 

犠牲にしない

鮎川の考える家づくりとは

 

「介護が必要とする生活には

 ストレスを貯めこまない工夫も必要

 

 どちらかが、どちらかの犠牲になっちゃいけない」

 

自己の経験を踏まえた思いの詰まった提案になった

 

2人の関係

今回のことを通じてまた出会った2人

 

少し距離を取ったことで

見えてきたもの、成長したものがあった

 

しかし、ツグミは幼馴染の是枝と婚約をしたばかり

 

そのこともあってか、

心にもやがかかったのような表情をみせる

 

 事故発生!?

そんな心境のさなか事件が起こる

 

鮎川が一人で建設中の家を訪れている時に

突然、大きな地震が発生!

 

建設中だったため

資材が鮎川に倒れこむ

 

一人の鮎川はどうするのか?

「きのう何食べた?」第11話 ~2人で行くから~

今クール2度目の12月のお話。

 

実家にてシロさん母と一緒に夕食を作る

料理のルーツが母だと再認識

 

そんなこんなで親子3人で食卓を囲む

 

「今度のお正月、彼氏さんを家に連れてきなさい」

と唐突に両親から言われる

 

両親としては渾身の思いで切り出したことだったが

シロさんとしては突然のことでうまく返答できなかった

 

www.youtube.com

 第11話

クリスマスに友人カップルを自宅に招き

クリスマスパーティをするシロさんとケンジ

 

パーティ当日水面下では

ひっそり...彼氏自慢が繰り広げられる

 

外食では少し形見が狭かったり

人目が気になるが、ホームパーティでは

気が根がなく伸び伸び楽しい空間が広がる

 

 連れて帰る

話題は次のお正月をどう過ごすかへ

 

まだケンジには話してなかったが

シロさんはケンジを実家に連れて帰る決心をしていた

 

そのことを告げると困惑をする3人

 

そしてシロさんの胸の内が吐露される

 

両親が自分がゲイだとわかった時どう思ったか

両親が自分たちを責めたんじゃないか

 

だから両親が思ってるよりも息子は

不幸じゃないことを知ってほしくて…

ケンジをうちに連れて帰ろうと思った

 

そんなシロさんを思いを受けて

ケンジも一緒に帰ることを約束する

 

実家に返事

2人が帰った後、実家に電話をするシロさん

 

ケンジを連れて帰ることの返事をした

「2人で行くから」

 

次回、最終回

2人の幸せのカタチとは