ぺんぎんと呼ばれた男のブログ

日頃のニュースやエンタメ×教育 

Youtuber(ユーチューバー)が習い事に登場!意外と的を得ている習い事!?

f:id:aruaru-ed-play:20190319185738j:plain

Youtuber(ユーチューバー)が習い事に?

 

昨今「子どものなりたい職業ランキング」に

登場するようになった『Youtuber』

 

最近はTVなどのメディアにも

出演するようになりその実態を

少しは理解できてきたのではないだろうか

 

その職業として確立したYoutuberの

育成をする「習い事」が登場している

のをご存知だろうか

ザクっとYoutuberとは

・YouTube上で独自に制作した動画を公開する者

・YouTubeの動画再生で得られる広告収入を

 主な収入源として生活する人物

 

今でこそチーム(組織)を作って

運営しているYoutuberが多いが

TV製作のように

大人数が分業しているケースは少ない

 

少人数(1人も多い)で全てこなす力が必要である

 

習い事では何をならう?

 

現在開校されているところの共通点は以下の3つ

※補足(→)は考察

①メディアリテラシー(情報の理解・解釈・分析、改めて記述・表現する)

→これがないと他との差別化、自己の安全が守れない

 

②企画

→月に数本ならともかく、

 週に数本レベルになると

 企画力(発想・着眼)がないと行き詰る

 

③動画撮影、編集

→効率を求める上でもっとも必要。

 この作業一つで他2つへのさける時間が

 大きく変わる。

 がしかし、ここのセンス(見せる力)が

 ないと良いものでも伝わらない。

 企画力(中身)が強い場合は補えるので

 ②と③のどちらが得意か知っておくのは大切。

 

受講期間等はさまざまで

年単位でカリキュラムも存在する

 

僕も2017年からYoutubeに

動画投稿(ゲーム)を始めて

トータル数百本投稿しているが

なるほど納得の内容である

f:id:aruaru-ed-play:20190319185803j:plain

実際にYoutuberになるかどうか

Youtuberになるかどうかは別として

将来的に考えた上でメディアやPCのスキルは必須。

 

またフーリーランスのように

自己完結に近い形で仕事を

完遂できる力(全体を見通す力も)を

持っていることは強みになるだろう

 

一度覗いてみるのも良い世界かもしれない

ワンセグ搭載スマホはNHK受信料は義務で決着

f:id:aruaru-ed-play:20190314000343j:plain

以前から携帯電話でテレビを視聴した場合の

「NHK受信料」は発生問題があったが

ついに最高裁の判決が出た

NHK受信料の契約義務が生じるかどうか

4件の訴訟が行われていたが

3月12日付で契約義務を認める判決が1件でた

 

最高裁で同種の判決で確定するのは初

 

そこで気なるのはその受信料

 

NHKが見れるテレビが家になくても

月額で1,260円、年間で1万5,120円の

NHK受信料を負担することになる

 

今後の課題

これにより現在のスマホはともかく

今後のスマホ(携帯電話)事情が

変わってくるだろう

 

iPhoneのように元々テレビを

視聴できるものへのニーズが

高まるのではないか

 

今後登場するアップル以外の新機種でも

ワンセグのないものが増えるだろう

と予想される

 

困る人が2パターンあらわれる

①NHKを見ていないのに

 ワンセグ搭載のスマホ(携帯電話)を持っている人

→NHKの受信料支払い発生

②家にテレビがなくNHKなどを

 スマホ(携帯電話)で見ている人

→ワンセグ搭載モデルが減少していく

 

なかなかにややこしい問題である

 

兎にも角にも、判決が出たので

時代は動いて行ってしまう

 

あなたはどうしますか?

jp.reuters.com

映画「コーヒーが冷めないうちに」(レンタル可)変えられない過去とこれからの話、2時間休んでみませんか?



coffee-movie.jp

昨年2018年公開の映画

「コーヒーが冷めないうちに」

レンタル解禁になりました。

 

ストーリー

過去に戻れるという噂の喫茶店

 

「時田」家の女性にコーヒーを入れてもらうと

そのコーヒーが温かいうちだけ

過去に戻れるという

 

コーヒーが冷める時間は15分程度で

過去に戻っても「過去は変わらない」

 

それでも戻りたい人が過去の「あの時」に

戻って葛藤するお話です

 

映画内で過去に戻るのは4人

 

それぞれ戻りたい理由も

会いたい理由も違う

 

見る人の価値観によって

理由は「軽い」「重い」と感じるものですが

4人とも共通する部分はあります

www.youtube.com

それはコーヒーが冷めた後、

現代に戻ってきて

向き合う今、これから、未来に

どうしていくべきか

 

ストーリーの肝としては

過去へのタイムスリップですが

見る人との共通点

「変えられない過去」

「これからどうするのか」

という2点があります

 

2時間、映画としてしっかり楽しめ

視聴後もすっきりするので

少し最近忙しいなぁと思う人は

この映画で2時間休んでみませんか?

「3年A組‐今から皆さんは、人質です」最終回 心を殺したのは誰か

www.ntv.co.jp

いよいよ最終回が放送されました。

 

追加エピソードとして

Huluで配信されるそうですが

ドラマとしてはしっかり完結しました

最終回 冒頭は

・前回、主人公が銃で撃たれる

・生徒が自殺した生徒を殺したと告白

の前回からの「実際どうなの?」という

ところの続きから開始

 

結局のところ

主人公は防弾チョッキ

告白した生徒も実際に殺したわけではなかった

 

だが、このドラマの真髄は

ここじゃない!

 

主人公が10日間かけて言いたかったこと

主人公が事件を起こしてまで言いたかったこと

 

このドラマが発信したかったこと

 

それが主人公の独白で強く、熱く伝えられた

 

場所は屋上

10日目の朝、動画の生配信

 

たった一人スマホに向けて、

スマホを通して見ている人間に対して、

語り、伝え始める

 

まずはフェイクの動画のネタばらしから始まり、

10日間のネットユーザーの行動を確認していく

 

ネットでの「叩き」「糾弾」

 

軽々しく意見を変え

どれだけ心無い言葉をかけたか

 

主人公は問う

 

自覚のない悪意が人を殺した

何度も何度も心無い言葉で刺され、心が殺された

 

心の声を訴えかける

「右にならって吐いた何気ない一言が、

 相手を深く傷つけるかもしれない」

「独りよがりに、かたよった正義感が

 束になることでいとも簡単に人の命を

 奪えるかもしれないということを、

 そこにいる君に!

 これを見ているあなたに!

 一人一人の胸に刻んで欲しいんだよ」

 

熱量は冷めることなく続く

「他人に同調するより

 他人をけなすより

 まずは自分を律して

 磨いて作っていくことが

 大切なんじゃないのか。

 ってかそっちの方が楽しいだろう!」

 

心からしぼるように訴え続ける

「その目も口も手も、

 誰かを傷つけるためにあるわけじゃない!

 誰かと喜びを分かち合うために

 誰かと幸せを噛みしめるために

 あるじゃないのか!そうだろ?」

「もっと人にやさしくなろうぜ

 もっと自分を大事にしようぜ!」

 

だからどうかあなたに届いてほしい!

 聞いてくれてありがとう。

 

 レッツ・シンク…」

 

「この瞬間をもって俺の授業は完結する」

生放送終了

 

メガネを外す主人公

 

まだ救いきれていない生徒のために

屋上から飛び降りる

 

それを必死で救う生徒

 

最後の最後まで身を挺して

教えようとする主人公

 

『メガネを外したら信じるな』

 

誰のための10日間だったのか

誰のための授業だったのか

29人の生徒と、心を殺す側になりそうだった人へ

 

最終回、独白は見逃しはもったいなさすぎますよ!

映画(DVD)を音声ガイドで聞くと勉強になる!?

f:id:aruaru-ed-play:20190310185916j:plain

皆さんは映画(DVD)の視聴はどうされてますか。

 

最近のDVDには

日本語か英語(他の言語)かの選択以外にも

「目の不自由な方向け」の音声ガイド

付けられてるケースが増えてきたのは

ご存知でしょうか?

 

これはDVDにもよりますが

音声のところで切り替えできたり

もともと設定されていたり

(不必要な場合は切る)といった形です

 

この音声ガイドなんですが

視覚が不自由な方はもちろんなんですが

そうでない方でも利用することを

おすすめします

 

おすすめ理由1

映画の内容がとても細かく理解できる

 

俳優さんたちのセリフ以外に

ナレーションに近い形で

映像の状況が伝えられます

 

この場面は「一人暮らしの部屋」

この場面は「人の気配が全くしない場所」

この場面は「俳優が困っている(表情)」

この場面は「緊張しながら手をつないでいる」

など

 

物語の解釈をとても助けてくれます

 

もちろん、セリフ以外の音声なので

「聞く」という作業は忙しくなります

 

おすすめ理由2

目が不自由な人に何かを伝える時

どこまで、どんな風に伝えるのが良いか

学べる

 

もしくは過去の体験や経験を

他の人に伝える際に

相手に正確に伝えるには

どんなことに気をつけるべきか学べます

 

まとめ

普段使うこのない音声ガイドですが

別の見方・視点を持つという意味で使ってみるのも良い

かと思います

映画「ミッドナイトサン~タイヨウのうた~」(レンタル可)悲しくも前向きなラブストーリー


midnightsun-movie.jp

今日はレンタルになっている映画のご紹介

(2018年11月から)

 

「ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~」

というラブストーリー

 

若者のまっすぐなラブストーリーなんですが

とても悲しい

でも前向き

そんな映画です

 

ストーリー

XPという難病を抱えた17歳の女の子が主人公

 

XPは太陽の光を浴びることができない難病

それ以外はいたって普通の女の子

 

小さいころ光を遮断されたシートを

貼られた窓から外を眺める日々

 

彼女は家の前を通るとある男に恋をした

会ったこともない

話したこともない

そんな男の子を小さい時からずっと見ていた

 

17歳

高校を卒業後はしゃぐ若者とは別に

彼女は駅に一人

ギターを片手に歌を歌う

 

そこへ片思いの男の子が偶然通りかかり…

 

前半はとてもハッピーな若者のラブストーリー

後半は苦いような、でも綺麗なラブ―トーリー

 

1本の映画を見て

単純に感動したい方にはおすすめです

 

youtu.be